忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






世界遺産 日光大紀行(104)日光の自然 「奥日光・光徳牧場」




http://monoda2.net/koutoku_bokujyou/1.jpg


https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRuHhgtIDJBYhf4jXzKyxUQ9ZspEUw0EJcuRrR1g82YODowxesl



 

国道120号の光徳入口バス停から東に1.5キロ入った地区が光徳で、逆川-沿いをハイキングで向かう道もある。

行楽に人気のエリアで宿泊施設、温泉、公衆トイレ、駐車場が整い、小さなリゾート地になっている。


光徳牧場は、広さ約3万平方メートルの牧場で、ウシやウマが放牧されていて、いつでも売店で新鮮な牛乳やアイスクリームを味わえる。
特に新緑や紅葉の時は美しい風景となる。


また、光徳牧場の隣にあるのが光徳温泉の一軒宿の日光アストリアホテルがあり、温泉も有る。
温泉名は光徳温泉となっているが、実は日光湯元温泉からの引き湯であり、お湯は白濁した硫黄泉が掛け流しになっている。

ここは春から秋のシーズン期間中だけでなく、冬もクロスカントリスキーなどで常連客が集まるリゾートホテルである。




一方、ここは小学生などの遠足の目的地となっていて、日光の自然探索のメッカになっている。 

沢山のバスが入り込んでいるこのバスの駐車場から学生、観光客が、周辺を訪れて林間などの教室を持って勉強に励む場所でもある。 

静観の地で、その雰囲気は素晴らしく、遠く聞こえるカッコウの声、轟くヤホーの声、何の一つ取ってもその素晴らしい自然の営みが、満喫できる場所なのである。

また、切込湖-・刈込湖方面の散策ハイキングや三王帽子山、太郎山への登山は、ここから向かう人が多い。

但し、光徳から三王帽子山や太郎山への谷あいを行く、最短直登コースであった「ハガタテコース」は、1999年の夏の集中豪雨で完全崩壊してしまい現在は通行止となっている。



次回、日光の自然 「切込湖、刈込湖コース」








【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]