忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





  世界遺産 日光大紀行(78) 日光・明智平・Ⅱ 







明智光秀というと、秀吉との山崎の合戦で敗れ、敗走途中で土民の竹槍によって命を落とすという説が専らであるが、一方で実は、光秀は比叡山に逃れ南公坊天海、天台宗の僧として生きていたとする説なのである。

「天海僧正=明智光秀」説には、色々面白い次のような理由がある。

1,比叡山には、江戸時代に明智光秀によって寄進された石灯籠がある。本能寺の変は1582年、江戸開府は1603年、石灯籠に刻まれている寄進の日付は1615年で、この年代にはすでに明智光秀は死亡している年代である。
しかし、寄進の日付からすると1615年までは生きていた証ではないだろうかということ。

2,光秀の木像と位牌のある慈眼寺(京都市右京区)の寺号と、天海の謚名が同じ「慈眼」(慈眼大師)であるということ。

3,日光東照宮の陽明門の脇にある、二対の大礼服の随身の座像の着物には、明智家の家紋・桔梗紋があること。

4,三代将軍将軍、家光の乳母に春日の局(お福;明智光秀の重臣・斎藤利三の娘)の登用。

5,二代秀忠の「秀」と、三代家光の「光」をあわせれば「光秀」となる。

6、大阪岸和田にある本徳寺に光秀の位牌が残っており、その裏に「当寺開基慶長四巳亥」と書かれている。
慶長4年に光秀が寺の寄進者になっていて、慶長年間に光秀が生きていたことになる。この他、光秀の肖像画も残っており、その肖像画にもやはり光秀が生き延びたのではないかと思わせる一文がある。



尚、日光は、東照宮が建設される前から、多くの山伏や勝道聖人などの手により神道と仏
教の聖地であった。

そこには二荒山(男体山)という名から「二荒山神社」などもある。

この「二荒」を音読みすると「にっこう」となり、「日光」と命名された。 

日光は天海が銘々したものとされ、日光には光秀の「光」と言う字が取り入れられたという噂も聞こえる。


次回、華厳の滝






【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」






PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]