忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







  109、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮の不思議」  





http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/73/53835973/img_1?1250776977



 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/28/53868328/img_0?1259204436



日光東照宮の不思議と家康、
 
日本を代表する社寺として、1999年に世界遺産に登録もされている日光東照宮。
元々、徳川家康の「日光に小さな堂を建立して祀るように」という、遺言に基づき建造されたそうで、3代将軍の座に就き家康を崇拝していた家光が、大規模な社殿の造営を命じる。

徳川幕府の威信をかけ、日光東照宮の造営が進められ、工事に関わった総延べ人数は650万人にも上る。1日平均に換算すると1万3000人になる。費用も当然莫大であり、完成までに現在の貨幣価値にして数百億円がつぎこまれたといわれている。

42棟ある日光東照宮の建物群を観に訪れた人に、強烈な印象を与えるのが建物群の多彩な色合いと、建物に彫られた数え切れないほどの彫刻の数々であろう。

その大権現・徳川家康自身のことであるが、遺骸は日光東照宮ではなく、静岡県の久能山東照宮に埋葬されている。

徳川家康は元和2年(1616)4月17日に75歳の生涯を閉じた。

天下人であった家康の遺言により、亡くなったその日のうちに久能山に葬り、 二代将軍秀忠の手により創建されたのが久能山東照宮である。
そして1年後、元和3年(1617)に、これも遺言に従って御霊は日光の東照宮に移されたが、
御遺骸は依然として久能山東照宮の境内奥にある神廟に眠っているという。 つまり、身体と魂が別々に祀られているために久能山と日光に東照宮が2つあるのだ。

更に、御位牌は、生まれ故郷の岡崎にある菩提寺の「大樹寺」に納められているという。



次回、「東照宮の彫刻の不思議」








【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]