忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






132、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・拝殿」




 http://ts3.mm.bing.net/th?id=HN.607992005936417926&pid=1.7



http://tencoo.fc2web.com/jinja/nk-futara04.jpg



http://ts3.mm.bing.net/th?id=HN.608003172848043298&pid=1.7
二荒山神社 拝殿



http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e4/Nikko_Futarasan_Honden_M3325.jpg
本社本殿と透塀(ともに重要文化財)本殿は八棟造で、日光の社寺の中で最古。





そのまま「銅鳥居」をくぐり、右手の唐風造りの社務所を過ぎると、いよいよ「拝殿」である。

拝殿は、無論、本殿を参拝するための建物で、本殿には主要な神物、神威を鎮座させて所であって最も神聖なところであり、神官や我ら参拝人は本殿神物に御祈りをするのである。 
拝殿は、その他にも殿内において各種の神奉行事が執り行われるところでもある。


神社では、弥生祭(日光最大の例大祭で、古くは3月(弥生)に行われていたことから、弥生祭と呼ばれた。市内で神輿飾祭を皮切りに5日間行われる)をはじめ日々の祭典、御祈祷などがおこなわれ、参拝の人たちと最も近く接するところである。

日光山の殿堂のなかでは、珍しいほど彫刻、文様などが一切ない、単純にして力強い建造物である。



弥生祭は、日光最大の祭りで、「日光の春は弥生祭から」の言葉どおり、毎年4月13日から17日までの5日間にわたって繰り広げられる二荒山神社の例大祭で、山の都・日光に、絢爛たる春を告げる祭りである。

八世紀の奈良後期に始まるといわれる伝統ある例大祭で、その昔は陰暦3月(弥生)におこなわれたので弥生祭と呼ばれているが、明治6(1873)年に太陽暦に改まったとき、祭日を現在のように変えたといわれている。

祭典は、滝尾、本宮の神輿が-本社に安置して飾式の神事を行い、又、元の社へ戻るという神輿渡御の祭り。 拝殿では、八乙女舞(やおとめのまい;古くから伝わる優雅な神楽の舞)など各種神事が行われる。


祭りのピークは17日である。東西13町内から、それぞれに美しく飾った花家体(はなやたい-が;屋台)が、弥生ばやしを奏でながら神社に集結する。 
ゴタ祭とも呼ばれ、若者から中老まで祭りに参加して神経を働かせ、境内へ繰り込んだ家体は、午後には拝殿を1回りして順次町内にかえるという、家体の引き回しである。



拝殿の構造は、間口16メートル、奥行き12メートルで単層入母屋-、 反り屋根造り、黒漆塗りの銅瓦ぶき。総弁柄(べんがら;化学物質の赤色顔料の一種)の-漆喰塗りで回り縁がある。

正面中央に石段があり、その上3間(5.5メートル)は両開きの唐戸だが、そのほかは全部蔀戸(しとみど;格子組みの裏に板を張り、日光をさえぎり、風雨を防ぐ戸)になっている。

拝殿の奥は石段で下り、渡り廊下(渡殿)で唐門を通ると本殿に続く。



 次回、「二荒山神社 本殿」
 





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]