忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





  134、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・本殿三陣」  




http://image.mapple.net/ospot/photol/09/00/12/9001207_3895_1.jpg
二荒山神社・拝殿



http://image.mapple.net/ospot/photol/09/00/11/22879PP044_07.JPG



http://image.mapple.net/ospot/photol/09/00/11/9001190_1780_1.jpg
輪王寺・護摩堂の本地仏(仏が神に成り代る)として、千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音を祀る。




さて本殿である。

本殿とは、そのうち御神体や祭神、神霊が奉られている境内社殿の中で、中心的な建物を指す。 
二荒山の主祭神は以下の三柱で、それぞれ日光三山の一山にあてられていて、総称して二荒山大神と呼ばれる。
自然神は男体山(二荒山;父神)、女峯山(母神)、太郎山(子神)で、其々、大己貴命(おおなむち;大国主命)、田心姫命(たごりひめ)、味耜高彦根命(あじすきたかひこね)の神として祭っている。

因みに、二荒山大神の別当寺とされる「輪王寺」では、本地仏(仏が神に成り代る)として、千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音を祀っている。



ところで、二荒山神社の主格となる祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)であり大国主命のことでもある。 無論、大国主命は出雲の国の大神で、出雲大社の主祭神である。

大国主命は、いわずとしれた日本の神さまのなかのスーパースターであり、出雲大社の縁結びの神さまの原点でもあり、有名な「因幡の白兎」の話の主役、あるいは七福神の大国様だということは誰でも知っている。

さらに、出雲神話の主役で、全国の国津神の総元締みたいな存在で、英雄神としての派手なことはやっていないが、少彦名神とコンビを組んで全国をめぐって国土の開拓、修理や保護、農業技術の指導、温泉開発や病気治療、医薬の普及、禁厭の法を制定、といった数々の業績を残した偉大な神であることも知られている。



ところが、ここで大事件が発生するのである。 
即ち、大国主命たちが開いた出雲族の国を、近年、振興してきた大和の国の大和族に奪われてしまったのである。
神話に登場する「国譲り」神話は、この国造の出雲家が、その権威をカサに大和族(朝廷・・?)から次第に剥奪され、ついには出雲大社の神官というだけの地位までに落とされ、現在の大社町を中心とする西出雲に押し込められた形となったとする経緯を今に伝えているのである。


神話に登場する当時の出雲の国は壮大で、九州北部から山陰、北陸、東北地方まで・・?
ともされていて、現に、大国主自身が能登や新潟まで遠征しているし、その息子は信州諏訪の諏訪大社に祀られている。


現在の神社で出雲系の神を祀るところは、概ね、当時の出雲の国と推定もできるのであるし、勿論、下野、日光は出雲の国だったのである。



次回、「二荒山神社の主神」






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]