忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





  166、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・日光三社のまとめ」  




http://www.kirariwedding.com/contents/thumbs/details_main/d422fc64ead1908ba24c8b10cba8f60b.jpg
二荒山本社(新宮)、


http://nikko.4-seasons.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1352347358_400.jpg
それに滝尾神社、


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/e7/8e84d86a5181588c64ffaf1745b9b5d9.jpg
本宮神社




日光探勝コース(クリックすると範囲拡大します)






二荒山本社(新宮)、それに滝尾神社、本宮神社とともに、古くから日光三社(三所)権現として敬まわれた。


本殿は、三間社流造りで銅瓦ぶき。塗装は向拝回りのみ極彩色で、ほかはほぼ弁柄漆塗り。拝殿は間口・奥行きとも3間(5.5メートル)角、入母屋造りで銅瓦ぶき。

全体的に簡素な佇まいであるが、本宮の名にふさわしい雰囲気が境内にただよっている。

本殿の背面に扉が設けられているが、この扉を開いて男体山を拝んだとされ、霊峰崇拝の名残をとどめている。
この事は、先に述べた「滝尾神社」の拝殿、唐門付き本殿など、様式、造形とも酷似している。



尚、具体的な社殿の建設や祭礼方式は、鎌倉時代初期に男体山山頂から遺蹟の出土品があったことでも覗えるように、山岳信仰が最盛期を迎えていたことが判明し、この時に麓において神社や祭礼が確立されていったと考えられている。


それまでは二荒山大神としての所謂、自然神を祭っていたが、この時期(12世紀頃)になって、現在の神々(三神)が当てられたのだとされている。

更には、本地垂迹により寺院(別当寺、神宮寺)が建立されるに及んで、其々の神に、それぞれの仏があてられ、現在でも輪王寺(位置)ではこれらの仏を祀っている。


そのことは、鎌倉時代には政治の中心が関東の鎌倉に移り、それの伴って鎌倉将軍家の日光への帰依依存(神や仏など、すぐれた者に服従し、すがること)も著しく、鎌倉将軍の護持僧(祈祷を行う僧の職で、鎌倉将軍家の身体護持のために祈祷を行った僧)として仕える僧侶が多く輩出する。


この頃には、鎌倉幕府の権威も借りて神仏習合が更に進展し、三山(男体山・女峰山・太郎山)、三仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)、山社(新宮・滝尾・本宮)を同一視する考えが整い、山岳修行修験道(山伏・やまぶし)が盛んになってゆく。


室町時代には、日光山は所領十八万石、500に及ぶ僧坊が建ち並び、その隆盛を極めるに到ったとされている。



  日光三山 「終」  次回は二荒山・中宮祠  









【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]