忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







  50、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮の石の鳥居」  






http://nikkotoshogu.com/html/tosyogu/file/map6.gif
東照宮の一般的な参詣コース



http://nikkotoshogu.com/html/tosyogu/file/torii2.gif







いよいよ正面に見事な鳥居が迎えてくれる。
江戸時代に作られた石造りの鳥居としては日本最大といわれ、京都八坂神社、鎌倉八幡宮とあわせて日本三大石鳥居と呼ばれいます。

一ノ鳥居は東照宮の入り口に立つ大石鳥居で、高さは9m、柱の直径は3.6mの規模であり、黒田長政により奉納されたもの。 石材は九州から切り出され運ばれたそうである。

この工法は、15個の石材をブロックのように組合わせ、石材同士を固定するものは何もないが、江戸初期の日光山大地震(震度6と言われる)に襲われた時にも壊れなくて、僅かながら、ずれただけだったそうです。
全体の重量のバランスが巧妙に計算されて作られているという。 昔の人は凄い仕事をするもんですね。

後水尾天皇の直筆と伝えられる畳一枚分の大きさの「東照大権現」と記された扁額が掲げられていて、東照宮の拝観は、ここから始まります。


因みに、黒田 長政は戦国期から江戸前期にかけての武将・大名で、筑前福岡藩の初代藩主であります。 

豊臣秀吉の軍師参謀である黒田官兵衛孝高(如水)の長男で、九州征伐の功績で中津の大名となり、文禄・慶長の役などでも活躍し、特に関ヶ原の戦いで大きな武功を挙げたことから、筑前名島に52万3,000石を与えられ、福岡藩初代藩主になる。

あの、“酒は飲め飲め、飲むならば、日の本一のこの槍を、飲み取るほどに飲むならば、これぞまことの黒田武士”
と詠われている、福岡の民謡でもお馴染みの黒田武士(節)の出所です。



次回、世界遺産・日光東照宮 「東照宮の五重塔」










【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]