忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

,



 世界遺産・平泉(3)  「藤原三代」   ,



藤原三代
藤原三代の肖像画(wiki 毛越寺所蔵)




平安末期、東北地方・陸奥の国において大騒乱が発生し、陸奥の国の旧態勢力から都の新勢力によって取って交わされる。
この騒乱を中央勢力の源氏(源頼義)が、奥六郡(陸奥の国)を支配していた安倍氏(安倍貞任)を征伐する「前九年の役」、さらに、その後奥六郡を統治していた清原氏の内紛で
源義家(源頼義の子)が介入し、結局、清原清衡が勝利し陸奥の領地を治めることになる。これを「後三年の役」と称した。

その後、清衡は平泉を中心に奥州藤原氏を繁栄させていくことになる。
因みに、清衡がなぜ藤原を名乗ったかと言うと、清衡の母親の旧姓が藤原だったので、都の中枢にある摂関家(平安期に藤原一族が、代々摂政や関白となって、天皇の代理者、又は天皇の補佐者として政治の実権を独占し続けた)である藤原氏に因んで改名したとされる。


その後、藤原清衡、藤原基衡、藤原秀衡、そして藤原泰衡らによって、藤原一族による凡そ100m年間わたって奥州支配が続くことになる。
ただ、四代目の泰衡は、華やかな藤原文化としての実績は余り残していないようで、逆に、藤原家に命乞いをしてきた義経を、奇襲にて殺してしまうなど、歴史的にも印象の悪い行為を残している。
従って、奥州における隆盛を誇った藤原時代は、実績的には清衡、基衡、秀衡の三代というのが一般的らしい。


話はチョット遡るが・・、
後三年の役は、都の源氏が奥州の清衡(清原氏)を援助して決着した戦乱であった。
従って、この戦については朝廷は清原氏の内部抗争であり、所謂、私戦と見なして源義家に対しての恩賞はなかったという。 

仕方なしに義家は自分の身銭を切って家来に恩賞を与え、家来からの信頼を集めた。 
このことが源氏隆盛のきっかけとなり、天下を取る下準備となるのである。
後に、源氏からは義家から数えて曾孫に当たる義朝を生み、更に、頼朝、義経を生んで天下国家に号令するまでになる。


栄華を誇った藤原氏は、鎌倉で天下を掌握した源頼朝によって滅ぼされる。
振り返れば、凡そ100年前に起こった奥州争乱(前九年、後三年の戦)は源氏によって鎮圧され、元より源氏の領域であったのだ。 
しかし、何時しか藤原氏によって支配されるようになったのである。 
それが再び頼朝によって奪還されたという、所謂、歴史の皮肉な因果が時代を駆け巡るのである。


次回、「藤原清衡





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]