忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



.




 世界遺産・平泉(6)  「三代・藤原秀衡」   ,





藤原秀衡.jpg
藤原秀衡肖像画(毛越寺所蔵  wiki)




藤原清衡、藤原基衡、藤原秀衡、そして藤原泰衡らによって、藤原一族による凡そ100m年間わたって奥州支配が続くことになる。
ただ、四代目の泰衡は、華やかな藤原文化としての実績は余り残していないようで、逆に、藤原家に命乞いをしてきた義経を、奇襲にて殺してしまうなど、歴史的にも印象の悪い行為を残している。
従って、奥州における隆盛を誇った藤原時代は、実績的には清衡、基衡、秀衡の三代というのが一般的らしい。



その三代目・藤原秀衡について

基衡亡き後秀衡は、日鎮守府将軍に任ぜられ、更に陸奥守に就いている。
国府(古代、制令で定められた一国ごとに置かれた国司の役所)は多賀城にあったが、実質的には平泉が陸奥国の行政の中心であり、白河以北を完全に支配している。
秀衡は平泉・中尊寺を増改築するなど、奥州藤原氏の最盛期に生きた人であった。
しかし、国内の政治的世情は乱世の真っ只中で、「平家にあらずんば人にあらず」(平家でなければ人間とは言えない、源氏は人間以下だと言うこと)と息巻いた平家も源氏の勢いに圧倒されつつあった。


義朝の総領であった源頼朝が鎌倉で挙兵する。
この際、秀衡は平家、朝廷よりの源氏追討の令旨(りょうじ、れいし;皇太子、親王および王・女院の命令を伝える文書)を受けながら、幼い頃から源義経を匿い、義経の頼朝軍への参加の援助をするなど、その政治姿勢に一貫性を欠いていたともいわれる。

その義経は源氏の大将として最後の「壇ノ浦の戦い」で平家を滅亡に追い込むが、頼朝との感情的政争に破れ、平泉に再び現れる。


藤原秀衡は思案した結果、義経を総大将として頼朝軍と戦うことを決意するが、義経の行く末を案じながら「伊予守義顕(義経)ヲ大将軍トナシ国務セシムベキ由、男泰衡以下ニ遺言セシム」(吾妻鏡)と言い残し、病で急逝した。
没年は不明だが、遺骸のレントゲン検査の結果から70歳前後と見られている。


秀衡の死後、息子の泰衡は頼朝の命によって衣川の義経の館(高館;義経が最期に住んでいたとされる屋敷で、中尊寺の東南にある丘陵の地にあり、衣川館または判官館とも呼ばれる。頂に義経の像を祭る義経堂もある)を襲う。

義経亡き後の奥州軍は既に頼朝軍の敵するところではなく、泰衡はもろくも敗北し、奥州藤原氏は滅亡し、事実上の鎌倉政権の範疇に利することになる。


次回、  「都の政変と清盛」  ,





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]