忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

.






日本の世界遺産 白神山地(16) 「十二湖駅」 .





写真:越口の池  




つぎに三つ目の「越口の池」があった。

この池の畔では本州では絶滅し、現在では北海道の一部にしか生息してないとされる幻の淡水魚・イトウが養殖されているという。 
右側にビジターセンターがあるが、むろんまだ閉館している。

いずれの湖面も、快晴無風で鏡面状態を呈して、朝日に輝く周囲の景色を写し出している。 
この先も湖沼が点々とあるが、足跡を残して戻ることにしよう。   




五能線・旧十二湖駅 (現在の駅舎は2005年3月に新装建て替えられている)



国道へ戻って気が付いたら、すぐ近くの五能線に「十二湖駅」という小屋風の無人駅が有った。
現在の三角屋根の真新しい駅舎は、旧岩崎村が十二湖観光の拠点施設として新たに駅舎を建設し、産直施設などを新たに設けている。
駅前は、十二湖行きのバスが運行されている。



「十二湖」は、江戸時代・宝永元年(1704年)この地を襲った大地震によって沢がせき止められ、地盤が陥没して形成されたといわれている。 
その時できた湖沼は33を数えたが、崩山の頂上から眺めると、小さい池は森の中に隠れ、大きな池だけが12見えたことから、「十二湖」といわれるようになたという。

十二湖は780ヘクタールという広大な森が、本来の姿のまま保護され植物の種類の豊富さは、全国的にも稀に見るものとなっていて、近隣はブナ林が密集し、それらの水分の含有量が多いため、自然の造った水桶あるいはダム、しかも自然の浄化装置を持つ、水質の良い水が各所で湧き出している。湖の総数は約30以上在り、それぞれ透明度は高い。

十二湖は、地域としては世界遺産の核心部や緩衝地域には含まれていないが、世界遺産を取り巻く環境としては充分にその価値はある。

因みに、「十三湖」というのが、この先津軽半島の市浦村にあるが、あちらは湖の数とは無縁のようである。 尚、これから訪れる予定でもある。



次回、「白神山地の植生





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]