忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





22、日光の世界遺産;二社一寺 「輪王寺の常行堂」







常行堂







大護摩堂から直ぐ北側は、東照宮社域になるが、その前に輪王寺本堂(三仏堂)界隈から表参道を横切って、西側の西参道方面へ向かうことにする。
二荒山神社を正面に見て、その大きな鳥居のすぐ左手方向には法華堂や家光の大猷院(たいゆういん)があり、山中に慈眼堂が建っていて、何れも輪王寺の寺域に当たる。

常行堂と法華堂は、大猷院の前にあり、二堂ともに渡り廊でつながっていて、別名を二つ堂ともいう。 又、源頼朝の分骨が納められていることから、頼朝堂とも称されている。

これら、二つのお堂がつながっている形式は、二つ堂または担い堂とも呼ばれ、全国でも珍しく、このような状態の建物は比叡山と輪王寺でしか見ることができないという。
 

現在の常行堂は元和5年(1619)に建てられたもので、桁行5間、梁間6間、宝形造り(ほうぎょうづくり;上から見ると正方形で、即ち、4枚の屋根がすべて三角形になる造りを特に方形造、宝形造という)、向拝1間(お堂の正面階段の上に張り出した庇・ひさしのこと)、銅瓦葺きで、古来の密教建築を受け継いだ形式を保っている。
中央には4本の柱を建て、その内部に須弥壇を配している純和風の建築様式であり、本尊の阿弥陀如来を堂の中心に安置し、そのまわりは板敷きとなっている。

常行堂は、一般的な意味で常行三昧堂(じょうぎょうざんまいどう)ともいい、天台宗において四種三昧のうち常行三昧の行を修するために建てられた仏堂である。 
三昧(ざんまい)とは、俗に○○三昧(読書三昧)とか言って、そのことばかり熱中してすることに喩えられ、一つのことに心が専念された状態をいう。一方、仏教用語としては、僧たちの修行を意味する言語で、心を一つのものに集中させ 安定した精神状態に入る、所謂、宗教的な瞑想状態をいいます。

次回も常行堂






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」




PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]