忍者ブログ
HOME Admin Write

世界遺産・日光大紀行

世界遺産の日光を中心に、日本有数の広さをもつ、大日光市域の自然、登山、歴史、世界遺産群を巡ります。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







43、日光の世界遺産;二社一寺 「輪王寺大猷院と時代背景」



 http://www.nikkotoshogu.com/html/kosu/file/daiouin.gif
輪王寺大猷院慨図



http://www.geocities.jp/onriedo_gongujodo/rinnoji_taiyuin-niten011s.jpg
輪王寺大猷院の二天門





大猷院と時代背景

大猷院(たいゆういん)は,徳川三代将軍・家光公を祀る霊廟である。大黒山の地形を利用した境内は,22棟からな国宝・重要文化財の建造物で構成されている。

家光廟の「廟」とは、祖先の霊をまつったお堂のことで、「大猷院」とは、徳川3代将軍家光公が死後、後光明天皇から賜った法号、つまり、ここは徳川家光公の墓所なのである。


 
家光公は、祖父である家康公を心から深く尊敬し、慶安4(1651)年4月20日、江戸城で亡くなる間際、「死んだ後も東照大権現・家康公にお仕えする」という遺言を残した。

その遺志を受けた4代将軍家綱は酒井忠勝に命じ、承応元年(1652)2月から承応2年(1652)4月まで1年2か月という短い期間で大猷院を造営している。

大棟梁だったとされる平内大隅守応勝が腕を振るった江戸時代初期の代表的建築で、建物は本殿、相の間、拝殿が国宝となっているほか、唐門、夜叉門など重要文化財も多い。



又、家光公が、東照宮を模倣することをはばかったので、東照宮とはまったく違う趣となっており、目立たない部分に技巧が凝らされているのが特徴で、地形を利用した配置も、大猷院ならではでとされている。

東照宮の建築が白と金を基調にして、黒の縁取りをしているのに対して、大猷院は金と黒が基本で、縁取りは赤、金箔も東照宮より赤みがかったものを使用しているという。

大猷院は、東照宮の後に建てられたことから技術が飛躍的に向上していて、地味目とされているが彫刻、絵画、調度品は素晴らしいものである。

東照宮が神式であるのに対して、大猷院はすべてが仏式になっていて、そのため輪王寺に属することになっている。



明治と改元され新政府が発足すると、1000年続いた神仏習合の習慣は廃止されて、併せて神仏分離令が発布され、廃仏毀釈運動が起こり、聖地日光も当然ながら影響を受ける。

国家神道が強要され、神道にも仏教にも大きな傷を負わされる中で、明治2年、輪王寺宮も廃止され、同時に明治4年、日光山輪王寺は東照宮、輪王寺(満願寺)、二荒山神社の二社一寺に分離される。

それに伴い日光山は、神社境内からの仏堂の移転、あるいは仏像を破壊、遺棄したり多くの混乱が生じるのである。



そのような中 明治9年明治天皇東北御巡幸の際、日光御巡幸となり満願寺にご滞在の折、これらの事態を痛ましく思い「そのままに差し置け・・!」との詔令が出て、日光山は金子を賜ることになる。

特に、大猷院はすべてが仏式であったため、あわや・・!?、と思われたが、住職の必死の努力や明治天皇の“鶴の一声“で、難を逃れたのであった。


次回、 徳川家光公








【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」



PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

Copyright ©  -- 世界遺産・日光大紀行 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]